1-800-859-6265   FAX: +1 (586) 731-2274

neoVI FIRE 2

マルチプロトコル車両インターフェース & データロガー

neoVI FIRE 2: 8x CAN FD、4x LIN、イーサネット:DoIP/XCP

 

最新の車両アーキテクチャは、既存の CAN および LIN ネットワークに加えて、イーサネットおよび CAN FD を含むように拡張されています。neoVI FIRE 2 は、1 つのツールでイーサネット、8 チャネルの CAN (CAN FD を含む)、および 4 チャネルの LIN を提供します。すべてのチャネルは同時に実行され、ハードウェアでタイムスタンプが付けられます。完全に絶縁された高速 USB インターフェイスにより、PC を損傷するリスクなしにメッセージを送受信できます。

スタンドアロンのロギング、スクリプト、およびシミュレーション

PC インターフェイスとして機能することに加えて、neoVI FIRE 2 はスタンドアロン モードで動作できます。リアルタイム スクリプトの実行、リムーバブル microSD カードへのデータの記録、ECU とゲートウェイのシミュレーションが可能です。これらの機能により、microSD カードのデータを使用して ECU を再フラッシュするスクリプトを実行することも可能です。

neoVI DLL、J2534、Linux、および RP1210 のサポート

一部のユーザーは独自のソフトウェアを作成することを好むため、neoVI FIRE 2 は、neoVI DLL API、SAE J2534 API、および TMC RP1210 A/B の 3 つのオープン API をサポートしています。neoVI DLL API には、C#、VB.NET、VB6、Delphi、C++ Builder、Visual C++、LabVIEW、LabWindows など、一般的なすべての開発環境のサンプルが含まれています。Windows と Linux の両方の例とドライバーが利用可能です。

Vehicle Spy Enterprise ソフトウェア

Intrepid の Vehicle Spy Enterprise ソフトウェアは、neoVI FIRE 2 を完全にサポートしています。Vehicle Spy を使用すると、すべての neoVI FIRE 2 ネットワークを同時に監視および送信できます。スタンドアロン モードを設定するには、Vehicle Spy が必要です。ユーザーは強力なインターフェイスを利用して、データベースをロードし、スクリプトをデバイスにダウンロードする前に記述およびデバッグできます。

ハードウェアインザループのリアルタイム パフォーマンス

neoVI FIRE 2 には、リアルタイム メッセージングの実行に使用できるリアルタイム スクリプト エンジンが含まれています。たとえば、アプリケーションを作成するエンジニアは、スクリプトをハードウェアにロードし、スクリプト変数とやり取りして、マイクロ秒レベルの測定と制御を行うことができます。ハードウェア アクセラレーションと呼ばれる新機能により 、Vehicle Spy は、定期的なメッセージ、リプレイ、スクリプトなどのリアルタイム機能をデバイスに送信するように構成することもできます。

ロギング機能

neoVI FIRE 2 は、信頼性と PC との互換性のために、リアルタイムでフェイルセーフな FAT32 ストレージ システムを使用するリムーバブル microSD カードにログを記録することができます。FIRE 2 には、すべてのメッセージにハードウェアでタイムスタンプを付けるためのリアルタイム クロックもあります。最後に、堅牢な電源管理システムが自動的に neoVI FIRE 2 の電源を切り、ネットワーク アクティビティまたは PC の接続に基づいてデバイスを再び起動することができます。

オリジナルのneoVI FIREの進化

neoVI FIRE 2 は、主に新しい車両ネットワークと機能を提供するために開発されましたが、成功した前身であるオリジナルの neoVI FIRE よりも大幅に改善されています。これらには、より堅牢なケースとコネクタ、はるかに大きなスクリプト スペース、USB 経由の SD カード データ オフロード、構成中に USB からデバイスに電力を供給する機能、より広い電圧範囲のサポート、および MISC I/O チャネルでの拡張された電圧範囲が含まれます。

neoVI比較表

neoVI Fire 3 neoVI Fire 3 FlexRay neoVI RED 2-8 neoVI Connect RAD-Gigastar ValueLOG
Interface to PC Ethernet Ethernet Ethernet USB / Ethernet USB
Ruggedized IP67 Yes
Ethernet Interfaces 2x 1 Gb 10/100/1000BASE-T, 1x 10/100BASE-Tx for use with DoIP, XCPoE and more 2x 1 Gb 10/100/1000BASE-T, 1x 10/100BASE-Tx for use with DoIP, XCPoE and more 2x 1 Gb 10/100/1000BASE-T 1x 1 Gb 10/100/1000BASE-T 2x 100BASE-TX / 1000BASE-T / 1000BASE-X SFP, 2x 100/1000BASE-T1 Up to 1x Ethernet (100BASE-TX for DoIP, switchable for 2x CAN FD network)
FlexRay (FlexRay VNET) 2 2
CAN Dual Wire 16 15 Up to 8 8 6 4
CAN FD Dual Wire 16 15 Up to 8 8 6 4
Single Wire CAN 2 2 1
DoIP 2 2 2 2 1 1
LIN / K-Line 8 4 2 2 1 1
Voltage Input 5-60V 5-60V 5-60V 5.5-60V 4.5-40V
IMU (accelerometer,gyroscope and magnetometer) Yes Yes Yes Yes
WiFi Internal dual-band 802.11a/b/g/n WiFi Internal dual-band 802.11a/b/g/n WiFi Internal dual-band 802.11a/b/g/n WiFi Internal dual-band 802.11a/b/g/n WiFi Optional
Wireless neoVI Yes Yes Yes Yes Optional
Secure Bluetooth SPP, and Bluetooth BLE Yes Yes Yes Yes Optional
Modem External External External Internal Optional
GPS Built-in Built-in Built-in Internal Built-in
HD video recording via IP Cameras Features Available in Future Features Available in Future Features Available in Future Yes
Storage Type / Included Size (Largest Size) 2x Full-size SD card slots. SD 3.0 compatible and supporting up to 2 terabytes of total storage. Up to 800 Mbps logging performance. (1x 64 GB SD card included standard) 2x Full-size SD card slots. SD 3.0 compatible and supporting up to 2 terabytes of total storage. Up to 800 Mbps logging performance. (1x 64 GB SD card included standard) 2x Full-size SD card slots. SD 3.0 compatible and supporting up to 2 terabytes of total storage. Up to 800 Mbps logging performance. (1x 64 GB SD card included standard) 64 GB eMMC, with larger capacity available upon request. 64 GB, Optional storage up to 512 GB available upon request. 32GB eMMC storage
Learn More >>Learn More >>Learn More >>Learn More >>Learn More >>Learn More >>
JapanKoreaChinaUSA